SL列車での感動結婚式は「特別」が満載だった

「日本で唯一」旅行会社と鉄道会社が共同企画

この日のために作ったヘッドマークを付けるブライダルトレイン。新郎・雅典さん、新婦・桃子さん。お二人とも静岡県在住だ(筆者撮影)

二月吉日。私は東京から静岡県の大井川鐵道新金谷駅へと向かっていた。お天気も良く、新幹線のE席からは富士山がくっきりと見えた。これから行く結婚式にふさわしい日和である。

もちろん私の結婚式ではない。だが、かといって知り合いの結婚式でもない。実はこの日、大井川鐵道で「ブライダルトレイン」が走るので、それを体験しに来ませんか?と鉄道会社の広報の方からお誘いを受けたのだ。おもしろそうなので、私は二つ返事で行ってみることにした。

日本唯一の「SL結婚式」プラン

この連載の記事一覧はこちら

ブライダルトレインとは、その名の通り結婚を列車内で祝うもの。個人で車両を貸し切って結婚式を行った話や、結婚祝いの「寿列車」を走らせたという話はたまに聞く。しかし、実現にはかなりの労力を要するので、敷居が高いのも確かである。

それをパッケージ化して提供しているのが、日本旅行と大井川鐵道の共同企画「大井川鐵道SLブライダルトレイン」。蒸気機関車の牽く列車で結婚式を挙げられるという、日本でもここにしかないプランだ。今回は、企画が生まれてから4組目のカップルだそうである。

SL列車のブライダルトレインは、大井川鐵道の新金谷駅と千頭駅の間を往復する。貸切列車の場合、往復で同じ車両を使うのが普通だが、今回は新郎のこだわりで、特別に往復で違う蒸気機関車が牽引するという。ブライダルトレインではどんなことが行われるのだろうか?そして、往復で機関車が違うわけは?その様子を同乗して見せてもらうことにした。

次ページ始まりはホームから
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。