夜行列車「女ひとり旅」で出会いはあるのか?

女として決心したあの日

寝台特急「北斗星」。現在は臨時列車化している(撮影:尾形文繁)

普段からあまり「出会い」には積極的ではない方だ。おかげでいまだに独身である。

そんな私にも7年ちょっと前に運命を変える出会いがあった。彼の名は「寝台特急はやぶさ」だ。福岡で漫画家としてのサイン会イベントがあり、いつもなら担当編集が同行するのだが、わけあって一人で向かうことになった。その時たまたまコンビニで手に取ったのが「寝台列車の旅」という本だった。

2008年1月31日乗車。なんと車両の外観写真はこれだけ。なぜなら「先頭車両を撮れ」と本には書いてなかったからだ

ブルートレインって聞いたことある、くらいの知識だった私だが、読んでいるうちに乗ってみたくなり、1カ月前の朝10時にみどりの窓口に並んだ。

もちろんそんなことは初体験。本を熟読し、書いてあったとおりに行動したのだ。おかげで行きはB寝台個室、帰りはA寝台個室という、今思えば大変ぜいたくな乗り方をした。

パブタイムで相席に

この連載の過去記事はこちら

それですっかり彼(寝台列車)にはまった。一人旅も経験したことがない私だったが、一緒にいるとなんとも楽しかったのだ。同じくその年、今度は札幌でイベントが行われた。そして出会いもあった。もちろん「寝台特急北斗星」に出会ったのは言うまでもないが、今度は車内で正真正銘、男性との出会い。

今回乗ったのはB寝台個室でまたもや行き帰り北斗星の一人旅というぜいたくをしている私だが、食堂車の「グランシャリオ」で、一人でコース料理を食べるほどの勇気はまだなかった。

いまだに居酒屋や焼肉屋は一人で入れないタイプである(ちなみにラーメン屋は平気だ)。しかし列車内でご飯を食べてみたいし、お酒も飲みたい。そこで思い切って予約なしで入れるパブタイムに並んでみた。するとなんと混み合っていたせいか、二人がけの席で知らない男性と相席になってしまったのだ。

このとき私が頼んだビーフシチューセット。ワインの前にサッポロ生ビールも飲んでいる

ラーメン屋だったら無言で食べてすぐ出れば済む話だが、北斗星の食堂車ではそうはいかない。パブタイム一巡目で皆が一斉に注文したので、食事が提供されるまで、けっこうな時間がかかっている。しかも正面の男性が頼んだのはパスタのみで、私はがっつりと、ビーフシチューセットにワインにデザート。

「き、気まずい……何か話さなければ」と思って言葉に出たのが「あのー、どちらまで?」という間抜けな質問。北斗星に乗っているのであれば、たいてい目的地は北海道であろう。しかし男性は物腰柔らかい応対で「あ、実家が札幌なんですよ。夏休みに毎年北斗星で帰省してるんです」と答えてくれた。

次ページ爽やか好青年が豹変
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。