任天堂、営業益予想を大幅に引き下げたワケ

利幅の薄い「3DS」は好調だったが・・・

 1月31日、任天堂は2017年3月期の最終利益予想を上方修正した。想定為替レートを円安方向に修正したことを織り込んだ。13日撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[大阪 31日 ロイター] - 任天堂<7974.T>は31日、2017年3月期の最終利益予想を上方修正した。想定為替レートを円安方向に修正したことを織り込んだ。こうした状況を踏まえ、期末配当を従来予想の210円から380円に増額することを決めた。

経常利益予想は前期比4.2%増の300億円(従来100億円)に、最終利益予想は前期比5.4倍の900億円(同500億円)に、それぞれ引き上げた。想定為替レートを1ドル=100円から110円に、1ユーロ=115円から120円に見直した。

一方、営業利益予想は前年比39.2%減の200億円(従来300億円)に下方修正した。

君島達己社長は会見で、営業利益を下方修正した理由について、利幅の薄い携帯型ゲーム機「3DS」は好調だったものの、利幅の厚いゲーム連動型フィギュア・カード「アミーボ」やゲームのダウンロード売り上げが期待に届かなかったためと説明した。 営業利益予想はトムソン・ロイターが調べたアナリスト21人の予想平均値374億円を大きく下回る。

3DSの堅調な販売状況を踏まえ、通期の販売計画を600万台から720万台に引き上げた。4─12月期は前年比10%増の645万台だった。

スイッチは増産も

2016年4─12月期は売上高が前年比26.9%減の3111億円、営業利益は同38.1%減の263億円、経常利益は同11.2%減の491億円、最終利益は同2.5倍の1029億円だった。

最終利益が膨らんでいるのは、米メジャーリーグ、シアトルマリナーズの運営会社持ち分の一部を売却したため。

営業利益263億円はすでに通期予想200億円を上回っているが、1─3月期は新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売宣伝費等がかさむと見込んでいる。

社運を賭けたニンテンドースイッチは3月3日発売の予定で、予約受け付けを開始した21日には一部の量販店に長い列ができた。

君島社長は予約状況について「具体的な数字については申し上げない」としながらも、「お客様の期待が大きい」として、「需要に応えて、生産台数について増やせるものは増やしていきたい」と増産の可能性を示唆した。

今期の出荷計画200万台は据え置いた。

次ページスマホ向け収入拡大
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。