「GODIVA」のロゴ、「裸で乗馬する女性」の意味

バレンタインはあなたの女神を崇めましょう

バレンタインにはおなじみのチョコレート店「ゴディバ」。その名前の由来を考えます(撮影: Syda Productions / PIXTA)
“あなたからのプレゼントなんて欲しくないわ。欲しいのはあなたよ。あなただけ”
フランソワーズ・サガン

 

ハートが飛び交う光の春近し。パリでもバレンタインっぽいディスプレーを頻繁に見受けるようになりました。寒さはまだまだ厳しくとも、むしろ身を切る寒さがあってこそ、人肌恋しいものです。

ローマ帝国の時代から始まったともいわれるバレンタインデーは、カップルの愛の日とされています。フランスでも夫婦や恋人たちが、プレゼントを交換したり、ディナー(その先のベッドも)を共にして愛を交歓するのが定番です。

日本は、全世界で唯一「女性から男性への告白を許された日」とされていますが、考えてみれば不公平です。本来愛は、どちらからでも、いついかなる日でも、許されるのです。というわけで、フランスではホワイトデーのお返しをする習慣はありません。そもそも、ホワイトデーもありません。ブラックデーなども絶対にありません。

フランスでもチョコを贈る人が増えてきた

バレンタインプレゼントの定番は、「赤いバラの花束」「香水」「ランジェリー」そして「ルージュ」。ロマンチックな恋人たちは、「自作のポエム」も武器とするみたいです。中学生の男の子が、好きな女の子のために家でクレープ作りに奮闘しプレゼントした、というほほ笑ましい話も聞きました。そして、最近は日本のようにチョコレートを贈る人も増えてきました。リセ(高校にあたる)の生徒やうぶなカップルだったら、セクシー系のプレゼントでドギマギするより、選びやすいプレゼントなのでしょうね。

そこで、チョコレートにまつわるセンシュアルなお話をご紹介しましょう。ご存じの方が多いかもしれませんが、パリから程近いベルギーの高級チョコレート「GODIVA」のシンボルマークは、“馬に跨(またが)る裸婦”です。いったいどうして?

時は11世紀の英国。コベントリーの領主レオフリック伯爵と美貌の妻レディ・ゴディバ。信心深かった伯爵は宗教的情熱に駆られて次々に活動を拡大し、それに伴って領民に過酷な重税を課していきます。見るに見かねた妻は、夫に再三、税の引き下げを訴えるのですが、夫は聞く耳を持ちません。それでも執拗に嘆願を繰り返すと、憤慨した夫は「よぉし、そこまで言うのなら、おまえが全裸となって馬に跨り、コベントリーの町中を走り回ったのなら、その願いを聞き入れようぞ」と言い放ったのです。

翌朝、妻は夫に言われるがままに、一糸まとわぬ姿で馬に跨り、町を駆け回りました。領民たちは、その勇気ある行動に敬意を表して、彼女の姿を見ないように窓を閉ざし、伯爵は自らの非を認めて税は引き下げられたといわれています。GODIVAの創始者である夫妻は、このレディ・ゴディバの勇気と深い愛に感銘し、自らのブランドにこの名を冠しました。

この話、単なる美談で終わってはもったいないと思います。彼女は、嫌々ながら裸で馬に跨がったのでしょうか? 領民たちは、誰もが目を背けて見ないようにしたのでしょうか? そして、それらは本心からそう思って行った行為だったのでしょうか。

次ページゴディバが裸になったワケ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ビジネスに効く!<br>教養としてのテクノロジー

AI、ブロックチェーン…今さら聞けないテクノロジーを解説。会計・英語に並ぶビジネスの即戦力スキルだ。米MITメディアラボ・所長伊藤穰一のインタビューを掲載。未来を見通す特集。