パリ女性は「男の薄毛」を官能的と捉えている

日本の男よ、"不毛"な闘いから解放されよう

日本人男性にとって悩みの種の薄毛。しかし、パリではむしろ男性らしさの象徴と見なされています (写真:Goodluz / PIXTA)
「ポスト構造主義」最大の思想家であるミッシェル・フーコーは、薄毛で悩んでいたのだけれど、日本で僧侶の頭を見て開眼し、大喜びでスキンヘッドにしたんだって。それ以後、ポートレートの中で燦然と輝いているのは見ての通りさ。
                   ――ランヴェール/パリ大学 社会学教授

 

パリのリュクサンブール公園で、美女が恋人のスキンヘッドの頭を愛おしく――まさに愛撫するように――撫でまわしているのを目にしたときは、思わず目が釘付けになりました。

それから、セーヌ川にかかる橋上で見た、赤ちゃん連れのブライダル風景。男性のオツムはツルツルで、「年の差婚で頑張っているんだなぁ」と観察していたら、お肌も赤ちゃん並みにツルツルスベスベ。なんと、「若いパパ」だったのです。

スキンヘッドの日本人男性は、パリで栄華を極めた

こんな例もありました。かつて、フラッシュで写真を撮ると強烈にハレーションするような、神々しく後光が差すスキンヘッドの若い商社マンが、日本からパリに赴任してきたことがありました。彼、モテたのなんのって。街中でマダムからの熱い視線を浴びて、人生の栄華の頂点をパリで極めて帰国した模様です。

以上のように、フランス滞在も長くなると、多くのマダムやマドモアゼルが、パートナーの“ハゲ具合”に頓着しない、それどころか、スキンヘッドをとても好んでいると思われる場面に数多く遭遇します。日本ではとかくネガティブにとらえられがちなハゲ頭や薄毛ですが、フランスにおいては男性の魅力に何ら影響を及ぼさないのです。むしろ、男性ホルモンむんむんのイメージでセクシーさが増すことで、パリのマダムに大歓迎されるのであります。そこで、これからはハゲ頭に愛着を込めて、baldy(英語でハゲ頭の愛称)と呼ぶことにいたしましょう。

次ページパリにおけるAGA(男性型脱毛症)率は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。