「カラオケに自信がない人」に教えたい知恵

テクニックは大事だがそれだけでもない

避けて通れないものなら、いっそ楽しんでしまいましょう(写真:プラナ / PIXTA)
新年会、忘年会、歓迎会、飲み会のあとのカラオケは、サラリーマンの定番です。中にはカラオケが苦手で仕方がないという人もいますが、避けて通れないものなら、いっそ楽しんでしまいましょう。「Choo Choo TRAIN」「Woman」など数々の名曲を生んだ人気アーティスト、中西圭三さんが歌を楽しむ秘訣を解説します。

アメリカで学んだ「言葉に思いを乗せる」方法

今から15年ほど前、僕は音楽の勉強をするためにサンフランシスコへ行き、そこである女性シンガーの歌に出合いました。グラミー賞にノミネートされたこともある彼女の歌を聴いたとき、心の底から衝撃を受けました。歌声を耳にしただけなのに、まるで映画を見ているかのように情景や感情が押し寄せてきたのです。

そのときは、日本で歌手としてデビューして15年、今はEXILEの皆さんが歌っていますが、発売当時はZOOが歌っていた「Choo Choo TRAIN」やBLACK BISCUITS「Timing」などを世に送り出した後のことです。

「歌はこんなにさまざまな景色を見せることができるのか」と、僕にあらためて「歌の持つ力」を教えてくれたあの日を忘れたことはありません。その後、彼女のワークショップにも参加したのですが、内容はとてもユニークでした。たとえば「ブルースカイ」(青空)という言葉を、空の青さが伝わるように歌う、というレッスンです。「景色や思いをしっかり感じ取り、言葉や音に乗せる」ことの大切さを学べたことは何よりの収穫でした。

次ページテクニックにとらわれて、心に響かなかったら…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。