元大関「魁皇」の妻が歩む波瀾万丈すぎる人生

相撲部屋の女将になった元女子プロレスラー

現在は相撲部屋の親方を務める元大関・魁皇(写真左)を支える妻の充子さん(右)
1月16日にTBSテレビ系でスタートした新番組『結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』(毎週月曜夜7時~)。人気番組『プロ野球戦力外通告』『プロ野球選手の妻たち』を手掛けるスタッフが、夫を支える妻の姿を通して、夫婦の愛と葛藤に迫るドキュメンタリーだ。
レギュラー第2回目となる今夜23日のオンエアに登場するのは、東京・両国にある浅香山部屋、あの元大関・魁皇が親方を務める相撲部屋の女将、西脇充子さん。この名前にピンとくる人も多いかもしれない。なぜなら彼女は、元女子プロレスラー。1980年代の女子プロブームを牽引した人気選手だからだ。女子プロレスラーから相撲部屋の女将さんへの華麗なる転身。その裏には、苦難に満ちた波瀾万丈な人生があった。

卵巣がんを乗り越え、力士の妻へ

1980年代、女子プロレスラーとして活躍した充子さんが引退したのは、22歳。タレントに転身し、ドラマや映画まで活躍の場を広げていた。第2の人生を着実に歩んでいた充子さんだが、27歳のある日、突如、人生を脅かす不幸が訪れる。

最初の違和感は眠っているときだった。うつ伏せで寝ると、お腹に感じるコロコロした異物感。病院で検査を受けた結果、医師から告げられたのは、卵巣がんという事実。すぐさま手術を受けることとなった。

幸い、手術は無事に成功したが、ここから闘病生活が始まる。抗がん剤治療で髪が抜け落ち、猛烈な吐き気に襲われる毎日。いかに体を鍛えてきたレスラーであっても、がんの治療は壮絶な苦痛との闘いだったものの、このがんこそが、人生の転機を呼び込むきっかけとなった。

不安を感じながらの闘病生活を励ますために、知り合いが開いてくれた食事会。そこに現れたのが、当時24歳の魁皇だった。力士は古来より、特別な力を持つ存在とされ、赤ちゃんを抱くとその子は元気に育つとの言い伝えもある。

この日を境に、2人は交際をスタートし、さらにその1年半後には結婚。まさに、充子さんの心を支える、特別な存在となった。ところが、力士の妻となった充子さんには、新たな試練が待ち受けていた。

次ページ夫・魁皇のケガは妻の責任?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。