41歳ベロンが現役復帰、「会長兼選手」に

最低報酬でエストゥディアンテスと契約

 12月28日、サッカーの元アルゼンチン代表主将フアン・セバスティアン・ベロン(中央)は自身が会長を務めるアルゼンチンリーグのエストゥディアンテスと1年半の契約を結び、現役に復帰した。ブエノスアイレスで2014年5月撮影(2016年 ロイター/Enrique Marcarian)

[28日 ロイター] - サッカーの元アルゼンチン代表主将フアン・セバスティアン・ベロン(41)は28日、自身が会長を務めるアルゼンチンリーグのエストゥディアンテスと選手として1年半の契約を結び、現役に復帰した。2017年は会長と選手を兼任する。

ベロンはマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)やインテル(イタリア)など欧州の複数クラブで活躍し、2006年にエストゥディアンテスに復帰。2009年にリベルタドーレス杯優勝へと導き、2014年に現役を引退した。

クラブの公式発表によると、ベロンは最低報酬でエストゥディアンテスと契約し、リーグ戦やリベルタドーレス杯に出場する。復帰初戦は1月8日、レーバークーゼン(ドイツ)との親善試合。サラリーはクラブの発展のために寄付するという。

2月に再開するアルゼンチン1部リーグで、エストゥディアンテスは首位ボカ・ジュニアーズと勝ち点4差の4位につけている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。