日本人が知らない「ネイマールが脱税」の真相

バルセロナとサントスの間でカネが消えた

ネイマールのバルセロナ移籍に絡む脱税騒動は、どこへ向かうのか(写真:AP/アフロ)

スペインサッカー、と言えば現在、世界で最高のプレーヤーだと目されるリオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドがプレーしていることでよく知られている。メッシはFCバルセロナ、ロナウドはレアル・マドリードというスペインサッカー界の両雄とされる名門クラブにそれぞれ所属している。

そんな中で、両チームともに彼ら2人の後継者をどうするのか、という課題が浮上していた。そこで、スポットライトが当たったのが、ブラジルのネイマールだった。

2チームがネイマールを奪い合った

ネイマールに先に目をつけたのは、レアル・マドリード。ネイマール自身はメッシのいるバルセロナでプレーすることを望んでいたようであった。そこで、バルセロナで当時会長だったサンドロ・ロセイル氏が、早速、それに応えようと動き出したのであった。

もちろん、それはレアル・マドリードに知られないように水面下での動きであったという。その成果あって、ついにネイマールとの正式契約にこぎ着けたのだった。しかし、そこに至るまでには、契約上のいろいろなからくりがあったのである。それが今年、ネイマールに絡む脱税事件という形で表面化したのだ。

スペインの検察当局が11月23日、バルセロナでプレーしているブラジル出身のネイマールに対し禁錮2年の求刑をしたニュースは日本でも報道された。しかし、どの報道内容も断片的で、理解するのに説明不足が否めない感がある。そこで今回の事件についてわかりやすく説明してみたい。

次ページネイマールの移籍金は、本当はいくらだったのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。