三木谷社長が入魂する「楽天モバイル」の実力

スーパーポイント大作戦は使えるのか

楽天は2014年10月にMVNO事業を「楽天モバイル」へとリニューアル。代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏は、1000万会員の獲得を目標にすると打ち出した(写真:著者提供)

これまで、格安スマホの基本デメリットについて解説してきた。今回からは、代表的な格安スマホのサービスにどのような特徴や強みがあるのか、その実力を検証してみたい。

激しい競争が繰り広げられている中、最近頭角を現しているのが楽天の「楽天モバイル」だ。楽天は2012年より、傘下のフュージョン・コミュニケーションズ(現・楽天コミュニケーションズ)で、ISP事業(ネット接続サービス)の一環として、データ通信を主体としたモバイル通信サービス「楽天ブロードバンドLTE」(ドコモ回線を利用)を提供していた。

そこから大きく方向転換し、2014年10月にはスマートフォン向けを主体としたモバイル通信サービス「楽天モバイル」がスタート。三木谷浩史社長は「会員数1000万人を目標にする」とぶち上げた。その後、楽天モバイルの事業は楽天本体へと移管された。同社がカンパニー制に移行してからは「通信&エナジーカンパニー」が管轄し、現在では同社が注力する事業の1つとなっている。

いち早く通話定額を実現!

楽天モバイルがほかのMVNOと大きく異なっていたのは、最初からスマホの「メイン回線」としての利用を狙ったことだ。それを象徴しているのが、今年1月に発表した「5分かけ放題」である。

MVNOは回線を借りる携帯会社との契約上の問題もあり、データ通信の料金やサービスの差異化はしやすいが、音声通話に関しては料金が一律30秒20円での提供となるため、音声サービスに力を入れるMVNOはほとんど存在しなかった。そのため、MVNOの主要顧客はかつて「ITに詳しく、データ通信を積極的に利用する30~40代の男性」が大半を占めていた。

しかしながら楽天モバイルは、あえて通話にメスを入れることで、これまで獲得できていなかったユーザーの確保に乗り出した。楽天コミュニケーションズが2013年より提供していた(11月28日より楽天が提供)、プレフィックス番号を付与して電話をかける(相手の電話番号の前に特定の番号を付け足してから発信する)ことで、通話料を半額の30秒10円にできる「楽天でんわ」を、今年1月に拡充。月額850円で5分間の定額通話が可能になる「5分かけ放題」のオプションサービスを提供開始したのだ。

次ページ最大の強みはポイント!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。