もはやトンチ!医学部入試「珍問」出題の意図

キリとクモの巣の絵から「愛」を語る?

いったい、この珍問に正解した受験生はいたのか…( 写真:IYO / PIXTA)

12月に入り、大学入試のシーズンがいよいよ近づいてきた。医学部受験の難関に挑む受験生諸君も、ラストスパートをかけ始めていることだろう。

医学部受験においてこのところ目立つのが、2次試験におけるユニークな小論文の出題である。この連載では、過去にも「『謎の小論文』があぶりだす受験生の本性」の中で、2016年度に順天堂大学医学部で出題された、“写真の中の男の子の前に広がっている世界を述べよ”という問題を紹介した。そして、同年には愛知医科大学でも、以下のような問題が出題された。

クモの巣、キリ、モリ…え、どういう意味?

問い)以下の判じ絵をみて次の問いに答えなさい
(2016年度の愛知医科大学(医)入試問題を基に、編集部作成)
(1)この絵は何を示した絵か推測し、その理由を100字以内で書いてください。
(2)この絵に描かれた2つの素材を用いて「人を愛するということはどういうことか」を500字以内で書いてください。

 

うーん、かなりの難問である。この問題を先日、医学部予備校で教えている受講生から見せられ、「どういう答えになるのでしょう?」と質問されたときは、一瞬、頭を抱えてしまった。実はこの愛知医科大は、過去にも「3年間交際し、結婚の約束をした恋人に別れの手紙を書け」という問題が出されたこともあり、ユニークな出題が散見されるのだ。

次ページアプローチの仕方は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
日本を動かす<br>地方の名門企業77

日本各地には、地元財界の顔として政治力・経済力をいかんなく発揮している企業がある。圧倒的な存在感とパワーを持つ名門企業の実態に迫り、今後の成長が期待できる地方発“次世代企業”を取り上げた。