AirbnbツアーサービスをLAで体験してみた

「民泊+ユニーク」が映した風景

 

Airbnbの「トリップ」で案内されたロサンゼルスは、いつもと違う風景だった。チャイナタウンの一角に集う若いシェフたちが、新しい味とビジネスを興そうと“フード・インキュベーション”を始めていたのだ。

Airbnbというと「民泊」、自宅の空き部屋を貸すホームシェアリングサービスの会社だ。そのAirbnbが宿泊に加えて、そこでしかできないユニークな体験を提供するツアーサービス「トリップ」を始めた。

今回、筆者はトリップのダイジェスト版を体験した。場所はロサンゼルス、テーマは地元のフードライターによる隠れた名料理の紹介だ。

チャイナタウンでベトナム料理

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ロサンゼルスにあるチャイナタウンの一角。「住所はここであってるけど……」と運転手に言われ、疑心のままUberを降りる。レストランや小さな商店が立ち並ぶモール「ファー・イースト・プラザ」の門をくぐり、中を進むと「ユニット120」と書かれた入り口があった。事前に送られてきたメールをスマートフォンで確認する──間違いない、そこが待ち合わせの場所だ。

11月中旬に開催された「Airbnb Open 2016」には、たくさんの著名人が出席。レディー・ガガのパフォーマンスが話題を呼んだ。セレブリティのスピーチは後日掲載予定。(Photo: AP / AFLO)

ユニット120をかろうじてレストランだと認識できたのは、テーブルの上にお皿がセットされていたからだ。店に入ると、このトリップのホストであるヒラリーがスパークリングワインを手にしたソムリエのアンソニーとともに出迎えてくれた。勧められるままにグラスを受け取ると、ヒラリーからバナナのかぶりものを着たグエンを紹介された。ベトナム系のグエンは近くでスターリー・キッチンというレストランを経営するシェフ。4日かけて仕込むという人気メニュー「豆腐ボール」を振る舞って筆者をもてなしてくれた。

次ページヒラリーのプランはどのような内容か
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。