アップルは、どうして「日本」を重視するのか

ティム・クックCEO「日本訪問」の舞台裏

10月14日、首相官邸で安倍首相と会談したアップルのティム・クックCEO

2016年9月7日にサンフランシスコで開催された、アップルのiPhone 7発表イベントでは日本人が目立つ異例のステージが展開された。ポケモンGOのApple Watchサポートのデモでは、アプリ開発当初から中心的な存在として活躍した日本人エンジニア、野村達雄氏が登壇した。

またマリオの生みの親でもある任天堂の宮本茂氏の登場には、会場中のスタンディングオベーションが印象的だった。そして、日本でのApple Pay開始とSuicaサポート。いずれも、タイミングが偶然重なっただけかもしれないし、筆者が日本人記者として取材しているからかもしれない。しかしアップルにとって日本との密接な関わりを感じさせる十分なエピソードだった、と振り返ることができる。

ティム・クック氏が日本を訪問

iPhoneのコーティング塗料を作っているカシューの大宮工場を訪問するクック氏。iPod以来、汚れが付きにくい同社のコーティングを採用している

Apple Payの日本上陸とSuica対応開始を前に、CEOのティム・クック氏は11月13日、日本を訪問し、新サービスであるSuica利用をメディアにアピールした。

滞在期間中は、Buzzfeed Japan、日本経済新聞の取材に応じ、また首相官邸、任天堂、アップルのサプライヤーであるカシューへの訪問、Apple Storeでの子ども向けプログラミングイベントでの交流など、精力的な活動を展開した。

クック氏は日本について、先のインタビューで「さまざまな意味で重要な国」と語った。デザインや美意識、数多くの技術が日本から生み出され、数多くのパートナーやサプライヤーも存在し、品質と創造性への評価も高い。同氏にとって、アップルにとって、日本は特別な場所であるとの認識を示した点が印象的だった。

アップルは直近2期の決算で、中国市場での大幅な減速を記録した。2016年第3四半期は、前年同期比33%減、前期比でも29%減と、急ブレーキがかかった。iPhone 7発売が含まれた2016年第4四半期も30%減。これは、前年、すなわちiPhone 6シリーズ・iPhone 6sシリーズの販売が好調過ぎたことが背景にあり、落ち込みはその反動と読み取ることができる。しかし、中国の成長の勢いが止まったことで、アップルは15年ぶりに、年間を通じた増収増益がかなわなかった。

次ページ2ケタ成長を続けているカテゴリーとは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。