要注意!iPhone「偽アプリ」急増の深刻度

米国で偽の小売店アプリが何百も出現

悪意のあるアプリはこれまでアップストアから締め出されてきたが…(撮影:尾形文繁)

ここ数週間で、小売店や製品の名をかたった何百もの偽のアプリがアップストアに現れている。クリスマス前の買い物客が狙われるタイミングだ。

偽アプリは1ドルショップのダラー・ツリーやスポーツ用品店のフット・ロッカーなどのアプリに成りすましている。百貨店のディラーズやノードストローム、オンライン靴店のザッポス、ファッションSNSのポリボア、高級ブランドのジミーチュウ、クリスチャン・ディオール、サルヴァトーレ・フェラガモなどのふりをしているアプリもある。

「偽アプリが集中的に現れている」。こう話すのは、ピッツバーグで小売業者用アプリの制作と管理を請け負うブランディング・ブランドのCEO、クリス・メイソンだ。彼によると、ブランディング・ブランドは定期的に新しいアプリを追跡しているが、これほど短期間にこれほど大量の偽iPhoneアプリが現れたのを見たのは初めてだという。

偽アプリの中には比較的害の少ないものもある、とメイソンは話す。迷惑なポップアップ型の広告を出すようなアプリだ。

しかし、偽アプリを使うと深刻な被害が及ぶおそれもある。クレジットカードの情報を入力したら金融詐欺にあうかもしれない。また、マルウェアが潜んでいるアプリもあり、個人情報が盗まれたり、携帯電話がロックされてカネを要求されたりする可能性もある。さらには、フェイスブックからログインするよう勧める偽アプリもあって、それを実行すると大切な個人情報が流出するおそれも生じる。

アップルの審査も通過

偽のアプリは大半が中国で開発されたものだ。アップルではすべてのアプリを公開前に審査するが、偽アプリはその審査プロセスを通り抜けた。

より規制の緩いグーグルのアンドロイド・スマートフォン向けプラットフォームと比較すると、アップルではアプリを事前審査することが強みの一つとなっている。その審査では、詐欺的なアプリや、他社の知的所有権を不適切に使用したアプリ、消費者に害を及ぼすおそれのあるアプリは公開を認められないはずだ。

次ページ自社ブランドの名前がどう使われているか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。