市場予想確率95%、来月の米利上げほぼ確実

米短期金利先物相場は完全に織り込み済み

 11月21日、短期金利先物は12月米利上げをほぼ完全に織り込んだ。写真はイエレンFRB議長。ワシントンで17日撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron)

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米短期金利先物相場は、米連邦準備理事会(FRB)による12月利上げをほぼ完全に織り込んだ。FRB高官の発言に加え、トランプ次期政権下で成長率やインフレ率が加速するとの見方が背景にある。

CMEグループのフェドウォッチによると、市場はFRBが12月会合でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.50─0.75%へと25ベーシスポイント(bp)引き上げる可能性を約95%の確率で織り込んでいる。

2017年6月の会合で少なくとも0.75─1.00%に引き上げる可能性は53%の確率で織り込んでいる。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。