メルケル独首相が4期目の出馬を正式に表明

難民に寛容な政策に対して強い反発も

 11月20日、ドイツのメルケル首相(62、写真)は、来年9月に行われる連邦議会(下院)選挙に首相4期目を目指して出馬する考えを正式に表明した。(2016年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツのメルケル首相(62)は20日、来年9月に行われる連邦議会(下院)選挙に首相4期目を目指して出馬する考えを正式に表明した。

キリスト教民主同盟(CDU)執行部との会談後、記者団に対して、考え抜いた末に4期目を目指すことを決意した、と明らかにした。

20日に公表されたエムニドの世論調査によると、およそ55%がメルケル首相の続投を希望すると回答した。続投反対は39%だった。

メルケル首相は国際的に高い評価を得ているが、国内では難民に寛容な政策をめぐって反発も強い。先の地方選ではCDUが苦戦、難民受け入れに反対する右派政党「ドイツのための選択肢」の躍進を許した。

メルケル首相は、2017年にインフラ投資を拡大するが、新規借入れには頼らない姿勢を示した。週例のポットキャスト配信で述べた。

財政収支が黒字のドイツをめぐっては、投資を拡大してユーロ圏の経済成長押し上げを支援すべきとの声が欧州諸国の間で強まっている。

こうした圧力に対してメルケル首相は、道路や鉄道、ブロードバンド、教育への支出は増やすが、「将来世代の負担になる新規借り入れは行わない」との姿勢あらためて表明。また、難民・移民に対する支出については、将来の労働力になるとして「良い投資」との認識を示した。

*内容を追加します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。