記事広告アーカイブ

変化をリードできるような経営者に

グローバル基準のマネジメントを国内にいながら学ぶ

大学院生の頭のなか 1

酒井啓江(さかいひろえ) 在校生(30代)
放送関係 ディレクター

この大学院を選んだ理由
日本の現状や「現場感」を学び、在学中にビジネスのネットワーク構築ができる国内のビジネススクールを選びました。KBSは国内で唯一、アメリカとヨーロッパの2つの機関から国際認証を取得し、グローバル基準のマネジメントを国内にいながら学ぶことができます。また、留学プログラム等国際交流が盛んで、ビジネスリーダーに必要な国際感覚が身につけられるのも魅力でした。

大学院で学んだことをどう生かしていきたいですか(どう生かしていますか)
KBSでは、外部環境の変化に振り回されるのではなく、いかに変化の兆候を察知し、戦略を練り実行に移すかを学びました。
将来的には、変化をリードできるような経営者になりたいです。また、国際プログラムなどを通して鍛えられたグローバルに考える視点は、今後の経営の観点に必須だと思っています。

将来の夢をお聞かせください
将来は、病院や介護施設の経営に携わっていきたいと思っています。私は医療・介護従事者ではありませんが、今まで経験したことのない高齢化を迎えている日本の社会で、マネジメントの観点を生かし、貢献できると考えています。そして、日本に追随して高齢化を迎える諸外国に対して、日本がたどってきた軌跡や、経営者としての自分の経験を伝えていければと思っています。

おすすめ本
Katsuhiko Shimizu『The Cores of Strategic Management』

次ページ業界の企業変革に携わっていきたい