パナソニック株主、経営陣にぶつけた不満

定時株主総会、業績悪化や無配転落の責任問う

6月26日、雨が降りしきる中、大阪城ホールには約4500人もの株主が集まった。パナソニックの定時株主総会の冒頭で津賀一宏社長は、2期連続の巨額最終赤字について陳謝。続いて今2013年度から開始した新中期経営計画の内容についてプレゼンし、脱自前主義による赤字事業の止血、自動車や住宅など成長分野の強化の方針を説明した。

続いて行われた株主との質疑応答では、業績悪化、無配転落などについて、経営陣の責任を問う声が相次いだ。なお、取締役17人選任の件などの議案は承認された。

株主からの主な質疑応答は以下の通り。

「株主総会を愚弄していないか」

――昨年の株主総会で、大坪文雄・前社長は「必ず今年はV字回復する」と胸を張って言った。その後、津賀社長が前期約7500億円の最終赤字になると業績の下方修正をした。これは株主総会を愚弄していないか。大坪前社長が今回特別顧問に就任されるというのは、ワケがわからない。経営責任をどうつけるのか。

津賀社長 経営はチームでやっています。その結果の責任を誰が取るのかは、明確にしなければなりません。会長、社長、役員の責任は重大と認識しています。

13年度を迎えるにあたって、役員全体の約30%に当たる14名の役員が退任しました。また会長、社長の報酬を昨年に比べ50%減額、副社長以下は20%の減額を実施しました。さまざまな責任の取り方をわれわれは実施しており、中期計画の方針が立ったところで、会長の大坪が辞任を表明しました。

残された私の経営責任の取り方は、業績を回復し、復配を遂げ、中期計画を必達し、2018年の創業100周年に向け、社会に役立つ、従業員を雇用できる会社に回復させていくことだと考えています。

次ページ過去の発言との整合性を問う声も
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。