ヒラリーが土壇場で大苦戦する「3つの理由」

実は問題はメールだけではなかった

当事、国務省は携帯電話のメールサーバーの危険性を再三指摘した。プライーベートサーバーを使う場合は、国務省が用意したデスクトップPCを使うように警告した。ところが、ヒラリーはPCのキーボードより、ブラックベリーの方が使いやすいと譲らなかったという。ただし記録が国務省のサーバーに残るなら、プライベートのメールアカウントを使うこと自体は違法ではない。

メール問題の「本質」とは?

ところが、ヒラリーが「ベンガジ」(2011年9月11日のリビアでの米領事館襲撃事件)対応で議会の公聴会に招集され、事前に国務長官時代のメールの提出を求められた際(ダンボール箱で12箱)、大量のメールが消されていたことがあとから発覚した。もし消去が意図的にされ、それが証明されると、ヒラリーは公務員法違反で刑事罰の対象になる。

この捜査は司法省の元でFBIが行い、いったんは「限りなく黒に近いグレー」ということで収まった。それが、全く別件であるヒラリーの女性秘書の夫のセックス関連の事件で、押収したPCから、女性秘書のメールが大量に見つかった。

秘書は、ヒラリーの調査の際、証人として一切隠しごとがないことを前提にFBIから免責されている。しかし夫と共有したPCから彼女のメールが見つかったため、免責が停止。この時点で、FBI長官は「新たなメールが見つかった」ことを発表した。

ただこれでは、メールの内容が判然としない。そこで両陣営は心理戦の駆け引きに出た。共和党も民主党も内容を公開するように要求したのだ。ヒラリーは「新しいメールは自分に関係ない」という主張。共和党はこれをヒラリーのブラフ(はったり)と考え、同じく公開を主張している。

そうこうしているうちに、ウィキリークスが追い討ちをかけた。これが2つ目の問題だ。最初の2回のTV討論で、元CNNキャスターで現民主党の幹部が、自分のCNNでの立場を利用し、討論での質問をヒラリーにだけ事前に伝えていたことが暴露されたのだ。

さらに、ヒラリーのキャンペーンに協力するため、グーグルが同社の機能をどう使うべきか指導していたことも発覚した。ウィキリークスはこれまでもボディブローをずっと放ってきたが、今回の影響は大きい。

次ページなぜ「オバマケア」がヒラリーを苦境に陥れたのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
サイバー戦争の最前線<br>日本のインフラが狙われる!

標的は個人情報だけではない。世界では、原発や銀行システムなどのインフラ、そして知的財産がサイバー攻撃を受けている。日本の対策は始まったばかり。この脅威にどう対応する?