現地ルポ!ヒラリーを支持する人々のホンネ

投票直前に女性有権者が語るそれぞれの想い

カリフォルニアのオレンジ郡の集会で演説するヒラリー・クリントン
大統領選の投票日が迫る中、FBI長官によるメール再捜査宣言というパンチを受けたヒラリー・クリントン陣営。いま、彼女のコアな支持者とは一体誰なのか。そしてその本音は?さらに、ミレニアルズと呼ばれる若者たちがヒラリーをどう見ているのかも直撃した。(本文敬称略)

 

「ヒラリーが予備選に勝ったとき、自宅で友人たちと勝利スピーチを見ていたんだけど、私を含め、友人達の目にも涙がうっすら光ってた」

そう語るのは、カリフォルニア州ハンティントン・ビーチ在住のオードリー・プロッサー、73歳だ。

いま、アメリカの多くの有権者が「Lesser of Two Evils」(どちらの候補も良くないが、少しでもマシな方に投票するしかない)と冷めた声で語る中、ヒラリー・クリントンに涙するまで入れ込むその理由は何なのか?

ヒラリーの演説で涙が出た理由

プロッサーいわく、涙が出たのはヒラリーが予備戦に勝ったからではなく、勝利スピーチを「女性がこの国の大統領になるのは、史上初めてのことだ」という言葉でスタートしたからだという。

筆者は、予備戦でのクリントン候補の演説を間近で何度か取材したが、彼女がスピーチの出だしにのっけから「女性」という言葉を使うのは、一度も見た記憶がない。

「ヒラリーには女性であることしか武器がないのに、肝心の女性たちは彼女を支持してない」とドナルド・トランプが非難する中、スピーチで開口一番、「ウーマンカード」を使うことは、用心深く、意識的に避けているとも取れた。

そのウーマンカードを「史上初」という言葉と共におおっぴらに使い、トランプとの対決を示唆したところに、持てる武器をすべて使って戦う本気の姿勢が見えたとプロッサーは言う。

次ページ女性だからヒラリーを支持するわけじゃない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。