エジプト「女性猛獣トレーナー」の正体

危険は承知でも恐れず

 10月24日、エジプトのカイロにあるナショナル・サーカスでは、女性の猛獣使いがホワイトタイガーやアフリカライオンのショーに登場し、人気を博している。写真はロイタービデオから(2016年 ロイター)

[カイロ 24日 ロイター] - エジプトのカイロにあるナショナル・サーカスでは、女性の猛獣使いがホワイトタイガーやアフリカライオンのショーに登場し、人気を博している。

猛獣トレーナーのマハセン・アルヘルウさんは大学で国際法を学んだあと、父や祖母のあとを継いで、この道を選んだという。

マハセンさんは猛獣たちの恐ろしさも良く知っているという。父も祖母も調教した猛獣たちに襲われた経験があるからだ。

それでもマハセンさんは恐れない。「動物たちを愛していて、それぞれの個性やどう扱えばいいか知りたいと思っている。ショーで、ライオンやトラが普通のネコみたいな印象を与えるのはそのため。彼らは猛獣だけど、私にとっては、私の命令に従う友達のようなもの」と話す。

彼女のショーには、ホワイトタイガー2匹、アフリカライオン2匹、ホワイトライオン1匹、雌のアフリカライオン3匹、シベリアトラ2匹が登場する。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。