民間出身初の女性校長になった、剛腕マザー

リクルートのトップ営業、会社社長、そしてどん底も経験

元リクルートのトップ営業ウーマンが、MBA留学、起業を経て、民間出身初の女性校長先生に――。

横浜市立市ヶ尾中学の校長、平川理恵さん(45歳)の経歴を聞くと、「ああ、またリクルートの人が校長にね……」だとか、「なるほどエリートのお話ね」と感じる人も多いのではないだろうか。

正直、筆者も平川さん本人にお会いするまで、「自己陶酔系スーパーウーマンの両立自慢」を聞かされるのではないかとヒヤヒヤしていた。

ところが、実際にお会いした平川さんは、華やかな見た目とは裏腹に、気さく、率直、飾りっけなしの「大阪のおかん」を彷彿とさせる人物だ。

それもそのはず。この人の経歴の裏には、孤軍奮闘で「わが道」を開拓してきた歴史、そして壮絶な挫折体験などがあった。だからなのか、もはや己のキャリアアップには無関心、大まじめに「学校教育で、日本に元気と勇気と活力を取り戻したい」と語る。しかもそれが、ウソくさくない。

全国初の「公立中学校・女性民間人校長」は、どのようにして創られたのか?

トップ営業ウーマンからの転身

平川さんは、正真正銘、「日本一のリクルート営業マン」だった。

「狙っていたわけじゃないけど、目標を250%達成なんてしちゃって。年間4億円は売っていました」

しかもこの成績で、「押し売り」は一度もしたことがないと言うから驚く。

次ページMBA留学が意外な転機に
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。