ファンドも食指!音声認識ベンチャーの実力

アドバンスト・メディアの鈴木清幸社長に聞く

アドバンスト・メディアの鈴木社長は新たな挑戦を語った

音声を認識し自動的に文字に変える。コールセンターや会議、携帯電話でニーズが高まっている「音声認識」技術で先駆的な会社がアドバンスト・メディア(AMI)である。

同社の音声認識技術「AmiVoice」には膨大な開発コストを要することもあり、2005年の上場以来、業績面では経常赤字が続いてきた。が、前2013年3月期はようやく経常利益が2.5億円の黒字に浮上した。医療向けは鈍かったものの、au向けに始まった「おはなしアシスタント」をはじめ、モバイル分野のライセンス収入が膨らみ、議事録も大きく伸びた。マイクなどの仕入れ原価の低減もあり、営業利益も1400万円の赤字(12年3月期は2.9億円の赤字)まで縮小。米ドル預金の為替差益が発生したことで、経常利益は黒字化を達成した。

となると、今14年3月期は、いよいよ上場来初の営業黒字化も期待されるところだが、どうやら黒字化は先送りにされることになる。有力投資ファンドのウィズパートナーズが出資を決めたためだ。総額60億円という資金を活用し、音声認識の精度向上に向けた研究開発費の投入や、M&Aといった手を打つことになる。アドバンスト・メディアの鈴木清幸社長に、今後の成長戦略について話を聞いた。

調達した60億円の資金でM&Aを狙う

「(ウィズパートナーズから話があったのは)昨年の6月くらい。もともと松村さん(副社長COO)という方はひじょうにやり手。アドバンスト・メディアが上場するときにも、松村さんから買いたいという話はあった。それは実現せずに上場し、しばらく話はなかった。今回、話を再開したところ、アドバンスト・メディアはずっと見ていたと。それで現状をいろいろお見せして、面白いという話になった。最初は、支配権を渡すわけなので、ちょっと心配なところもあったが、いろいろ時間をかけて、これは心からやってくれるんだなと思えた」

ウィズパートナーズは、ナノキャリアなど先進技術を要する企業に投資をしてきており、まとまった事業資金を提供するタイプの有力投資ファンド。ボードメンバーは元野村證券出身者が目立つ。今回、ウィズパートナーズは第三者割当による新株予約権付社債と新株予約権を引き受け、松村淳副社長と飯野智シニアマネージングダイレクターが、アドバンスト・メディアの社外取締役として入る。ウィズの出資比率は19.9%となるとみられ、筆頭株主となる。

次ページM&A対象は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。