ドコモ、“ツートップ”戦略の勝算

13年夏商戦、快進撃LINEとも連携

NTTドコモは5月15日、都内で今年の夏モデルとなるモバイル端末の新商品発表会を開催した。

今回のサプライズは、無料通話・メッセージングアプリとして、1億5000万以上のユーザーを抱え、快進撃を続ける「LINE」との連携だ。「らくらくスマートフォン」向けのアプリ開発や、ドコモ回線での音声通話ができる専用ボタンを配置する、などの取り組みを進める。LINE株式会社の森川亮社長は「ドコモと連携することで、18歳未満のユーザーIDによる検索機能の制限などを進めていく。プロモーションなども両社で共同してやっていきたい」と話した。

今回は基礎的な内容が発表されたに過ぎない。ドコモの加藤薰社長は「LINEは非常に勢いのあるアプリ。今後はサービスだけでなく、両社でさまざまなものを提案していきたい。戦略的な提携と考えてもらって結構」と今後に期待を寄せる。ドコモは現在、独自サービス「dマーケット」の拡充を進めており、積極的にサービス開発を進めている。今後、LINEとの連携によってどのようなサービス、コンテンツを生み出すのか。同じくLINEと提携するライバルKDDIには目立った動きが見られないだけに、ドコモの動向が注目されそうだ。

「ギャラクシー」と「エクスペリア」を集中販促

13年夏モデルとしてはスマートフォン10機種、タブレット1機種が披露された。最大のポイントは、韓国サムスン電子の「ギャラクシー」とソニーの「エクスペリア」という、人気が高く、競争力のある2つのスマホ、いわば“ツートップ”に絞って集中的に販促を展開する戦略である。KDDI(au)、ソフトバンクが販売する米アップルの「アイフォーン(iPhone)」の対抗策となる。

まずはサムスンの「ギャラクシーS4」。1.9ギガヘルツクアッドコアCPU(オクタコアではないモデル)、世界初のフルHD有機ELディスプレーを搭載。カメラには、写真の背景に写り込んだ人物を自然に消去する機能や、動画再生中に視線を外すと再生を中断する機能などが盛り込まれている。5月16日に予約開始、5月23日に発売となる。

次ページエクスペリアの新機種は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。