エッフェル塔近くにロシア正教大聖堂が竣工

竣工式にフランスの閣僚は出席せず

 10月19日、パリのセーヌ川沿いに建設されていたロシア正教会の大聖堂と文化施設で19日、ロシアによる竣工式が行われた。写真は13日撮影(2016年 ロイター/Charles Platiau )

[パリ 19日 ロイター] - パリのセーヌ川沿いに建設されていたロシア正教会の大聖堂と文化施設で19日、ロシアによる竣工式が行われた。プーチン大統領が出席する予定だったが、シリア問題をめぐる両国の対立から訪仏が中止となり、メジンスキー文化相とアレクサンドル・オルロフ駐仏大使が出席した。

フランス側からの閣僚出席はなかった。

エッフェル塔からほど近い場所に位置する大聖堂の隣には、文化センターも併設され、一大複合施設になっている。19世紀末に造られたアレクサンドル3世橋以来、パリに登場したロシアのランドマークとしては最大級となった。

オルロフ大使は、施設が大きすぎるとのパリ市民の不満について質問され、もっと大きく作ることもできたと答えた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。