「セカンドバージン」に苦しむ妻たちの叫び

セックスは信頼と愛情のバロメーター

セックスレスによってセカンドバージンに陥る妻たちの悩みは深い(写真:AH86 / PIXTA)

東京近郊に住むA子さん(48)は、職場結婚の夫と子ども3人の5人家族。夫とは10年以上セックスレスだ。

「そんな環境じゃない。子どもも一緒に寝てるから」

そう説明するが、夫婦仲は何年も前から冷え切っている。かといってケンカもしない。夫は今や「ただ一緒に生活する人」という。

セックスしないことに不安はそれほど感じていないが、ドラマや小説などを見ると「するのが普通?」と疑問に感じることも。しかし「夫とはもう考えられない」。さらに告白する。

「愛のあるセックスがしたい。夫以外に好きな人が現れればありうるかも」

A子さんのように数年間セックスから離れている状態を、日本では「セカンドバージン」と呼ぶ。長い間特定のパートナーがいない、過去に嫌な経験がある、など事情はさまざまだが、既婚者の場合、セックスレスによってセカンドバージンに陥る女性が多い。

求められていない

B子さん(神奈川県在住・58歳)もそんな一人。大学の同級生だった夫とは卒業してすぐに同棲、その後結婚し2人の子どもに恵まれた。共働きで平日は忙しいが、月1回は一緒に映画やコンサートに出かけ、ここ10年は正月に国内外に旅行へ。世間的には仲のいい夫婦、しかしほぼセックスレスだ。きっかけは夫の不倫だった。

「不倫が始まったのは8年ぐらい前。私は子宮筋腫と更年期障害でほとんどセックスできない状態で気づかなかった」

次ページ40代までは毎週のように求められていた
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。