パリの夫婦に「子ども優先」なんて呪縛はない

両親を見て、子は大人の世界に胸を膨らます

「恋愛生活を継続する父と母」であるためには?(写真:jaspe / PIXTA)
「夫婦にとって、時に子ども不在の大人の時間は大事だね。子どもがキャンプに行っている間は、友人夫婦たちと郊外の別荘でパーティさ」
パトリック・ヴェイユ/51歳 TVディレクター

 

前回記事まででは「センシュアリティ」の語源などをお話ししてまいりましたが、そろそろ辞書を閉じて、あなたのご家族に視線を移してみましょう。ここでは、子どものいる夫婦のセンシュアルな生活について考えてみます。

フランス人の夫婦は、子どもができたからといって、互いを「パパ」とか「ママン」とか呼び合うことなんてゼッタイにありません。もし妻が「パパ」なんて呼んだら、夫は「ノン、ぼくはケダモノではない」とか「ぼくの子ならもっとエスプリが効いている」とか言って、妻の唇を封じるに決まっています。もちろんリップで、子どもの見ている眼の前で。

両親を見て、子は「アムール」のなんたるかを知る

彼らの考える「愛ある家庭」は、「恋愛生活を継続する父と母」が大前提にあります。子どもたちは、そんな両親の姿を目の当たりにし、アムール(イタリア語なら、流行りのアモーレ!)のなんたるかを脳に刻み込みつつ、大人になっていくのです。

ロマン派の音楽を聴けばおわかりのように、ロマンとは咲き乱れる花や吹き荒れる風雨。めくるめく波乱万丈があってこそドラマチックで絵になるのです。恋とは冒険であり、出会いは非日常への跳躍です。

一方、その2人が結ばれた後の結婚生活はどうでしょう? 毎日が波瀾万丈、事件や事故の連続というのではたまりません。日常とは平和であり、なにごともない穏やかな生活の継続ではないでしょうか。

すると、「恋愛を継続する父と母」というのは、ある種の「ミッションインポッシブル」となってしまいます。日常と非日常の“日常的衝突”。子どもができたとなると、それこそしっちゃかめっちゃかではないですか。

だからこそ夫も妻も、スーパーマンやスーパーウーマンにならなければなりません。

次ページ近代日本の主婦は「地に墜ちた憧れの女」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。