フランスのレストランは日本とまったく違う

「劇場気分」を味わえるのが最大の魅力

オフィス街のランチでも、しっかり時間をかけて会話を楽しむのがフランス流だ

ミシュランの星を多く取っていることからもわかるように、日本のレストランのレベルは高いが、今回は、本家グルメの国フランスでのレストランについて取りあげたい。

美食を堪能する場であると同時に、社交の場でもある。だから、外食するとなれば、相応の心構えがいる。レストランの夜の開店時間は通常午後7時半くらい。席に通され、メニューを見ているとウェイターがアペリティフ(食前酒)の注文を取りに来る。アペリティフを飲みながら、料理の注文を熟慮する。フランス人は注文を決めるまでに、30分くらいかけることもある。

前菜とメイン料理を決めて、ウェイターに伝える。さらに料理に合わせたワインも選ぶ。高級店では、ソムリエに相談することもできる。料理を口にするまでに、たくさんのやり取りをフランス語でせねばならず、フランス語が不得手だと気疲れしてしまう。

同じテーブルの料理を同時に出す

日本では複数で会食する場合、それぞれが注文した料理は、出来た順にバラバラに運ばれることも多い。フランスのレストランでは、同じテーブルの料理は同時に提供される。大いに感心するが、その分出てくるまでに時間がかかる。

アルザス地方のレストランで、家族4人で食事をした際、シュークルート(キャベツの漬物とソーセージなどの煮込み)などの料理が皿に蓋をされた状態で運ばれてきた。4つの皿がテーブルに置かれた後、2人のウェイトレスがそれぞれ2つのふたに手をかけた。2人は目配せをして、4つのふたを同時に持ち上げ料理を披露した。「何もそこまで」と思うが、レストランでは同じテーブルの料理を同時に出し、客に料理を共に楽しんでもらうことを大切にしている。

次ページメイン料理のためバゲットは控えめに
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。