「ファミコンミニ」に惹かれるのは誰なのか

子供時代を懐かしみ往年のゲームを満喫!

9月30日、任天堂が発表した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。長い名前なんで、みんな「ファミコンミニ」と呼んでいるようですね。

当時のようにカセットでのゲーム交換はできませんが、人気のあったゲームが30本収められたハードウエアとして話題になっています。

『マリオブラザーズ』に『ドンキーコング』、『アイスクライマー』に『エキサイトバイク』など、ファミコン黎明期を支えた名作がラインナップされており、これらのゲームで遊んでいた子供時代を懐かしんだ人たちも多いのではないでしょうか。

ただ、当時はまだビデオゲーム機の理解が得られず、親にねだっても買ってもらえなかった人もいたようです。

どうも、だんな君もその一人だった様子。ゲームばっかりやって勉強しなくなると思われ、なかなか買ってもらえませんでした。

そこでだんな君、方向転換。「じゃぁ、パソコン買って!コンピュータの勉強するから!」だんな君のお母さん、コンピュータなら将来役に立つと思ったようで、パソコン買ってあげることにしたそうです。

買ってもらったパソコンで自分が遊ぶゲームを作るために必死で勉強。当時の愛読書はもちろん『マイコンBASICマガジン』。そのおかげか、今ではちゃんとITエンジニアになっているので、当時のお母さまの判断は正しかったのかもしれません。

そんなだんな君、やっぱり当時自分が遊べなかったファミコンのゲームは気になるらしく、発表されるやいなや速攻予約。届くのが今から楽しみな様子です。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。