第2回TV討論は「女性蔑視発言」を巡る応酬に

「ビル・クリントン氏は実際に行動した」

 10月9日、米大統領選の候補者による第2回討論会が、中西部ミズーリ州セントルイスの大学で開催され、民主党候補のヒラリー・クリントン氏(写真右)は、共和党のドナルド・トランプ氏(写真左)による女性蔑視発言を厳しく追及した(2016年 ロイター/Jim Young)

[セントルイス 9日 ロイター] - 米大統領選の候補者による第2回討論会が9日、中西部ミズーリ州セントルイスの大学で開催され、民主党候補のヒラリー・クリントン氏は、共和党のドナルド・トランプ氏による女性蔑視発言を厳しく追及した。

この日最大の焦点となったのは、トランプ氏が2005年のテレビ番組収録の際、合意なしに女性を「思うままにする」ことに言及するなど、品性に欠けるコメントをしていた問題だ。トランプ氏は討論会で、恥ずかしく思っているとする一方、「単にロッカールームでの会話のようなものだ」とも述べ、ヒラリー・クリントン氏の夫で元大統領のビル・クリントン氏のほうが女性に対して悪質な扱いをしたと反論した。

トランプ氏は「私は言っただけだが、彼(ビル・クリントン氏)は実際に行動した」と強調。ヒラリー・クリントン氏は、トランプ氏の女性に関する発言は大統領に相応しくないことを示していると攻撃した。

トランプ氏は、ヒラリー・クリントン氏が国務長官時代に私用メールを職務に使っていた問題について、自分が大統領に当選した際にはクリントン氏を収監すると述べるなど、終始強気の姿勢を崩さなかった。

最後の直接対決となる第3回討論会は10月19日に開催される。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。