トランプ、祖父の代から続く「カネへの執着」

父からは「食う側になれ」と叩きこまれた

ドナルド・トランプがいじめっ子体質で暴力的な猛獣に育った理由(写真:ロイター/アフロ)
「トランプは米国の『暗黒面』を巧みに利用した」(9月30日配信)に続いて、『熱狂の王 ドナルド・トランプ』の著者であり、ピューリッツァー賞を受賞したジャーナリストがトランプのルーツに迫る。

「遺伝子」と「幼少期の経験」

筆者はドナルド・トランプの私生活・事業・政治活動などを調べる仕事に3年を費やした。そして、どういった経験から、また何の影響によって、横暴や誇大妄想といった特性を備えるようになったのか、その答えといえそうなものを見出した。

トランプは、私たちがどのような人間になるかを決めるのは、「遺伝子」と「幼少期の経験」だと考えている。彼の父親のフレデリック(フレッド)・トランプは、多くの関係者の話から、極めて厳格で多くを求めるだけでなく、抜け目なく、欺瞞に長けた人物だったといえる。また、後で述べるが、復員軍人や中間所得層に住宅を供給するためのプログラムを利用して不当な儲けを手にしていたことが、政府による二度の捜査で暴かれている。

この緊急特集の一覧はこちら

フレッドには、友達をつくったり社交の場で活躍したりするのに必要な人当たりの良さや社交性はなく、「上手な話し方と人付き合い」教室に通ってまでどうにかしようとしていたが、効果はなかった。一方、母親のメアリー=アンは気が強く活発な女性で、パーティの中心になるような愛嬌と度胸があり、人を楽しませるタイプだった。夫とは対極の性格だ。

さらにもう少し時間をさかのぼってみよう。フレッドの父で、ドナルド・トランプの祖父にあたるフリードリヒは、ドイツで生まれ育ち、1885年、16歳のときにアメリカに渡った。当時、入国管理官が移民の名前の綴りを間違えることがよくあり、トランプという名字も、ニューヨークの入国管理局で、もともとの綴りである「Drumpf」ではなく、「Trumpf」として登録された。

次ページゴールドラッシュで「土を掘らずに」儲けた方法
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。