日本人が知らないアメリカ的政治思想の正体

自由至上主義の源流に「アイン・ランド」あり

テッド・クルーズ上院議員はアイン・ランド信奉者であることを公言している。アイン・ランドとは、いったい何者なのか(写真:AP/アフロ)
かのカール・マルクスの『共産党宣言』は「ヨーロッパに幽霊が出る――共産主義という幽霊である」という書き出しで始まる。アメリカにも幽霊が出る。アイン・ランド(1905~1982年)という幽霊だ。この思想家・政治家は米国の政治家、企業経営者の中に信奉者が多く、その著作は聖書に次いで多くの若者の思想形成に影響を与えたともいわれ、発行部数は累計3000万部に及ぶ。
アメリカの政治思想を知るためには、起業家精神、そして小さな政府を説いたアイン・ランドを知ることが不可欠だ。にもかかわらず、ほぼ日本では無名である。今回、アイン・ランドの著作の翻訳者である脇坂あゆみ氏に、「現代米国とアイン・ランド」というテーマでリアル・アメリカを解説してもらう。

 

アメリカの大統領選共和党候補の指名争いが、面白い展開をみせている。

8月に始まった討論会は、最初の2回は不動産王のドナルド・トランプが存在感と面白さで他を圧倒し、世論調査でもダントツ1位を維持していた。他の候補者たちは神経外科医のベン・カーソンを除けば典型的な白人男性保守政治家の集団にみえた。争点も移民問題以外は人格や実績に関するものが多く、トランプの女性記者とのやりとりが女性蔑視として槍玉にあげられ大きな話題になったくらいのものだった。

「理想的には金本位が望ましい」

娯楽としてはよいが政策議論としては退屈だった予備選の空気が少し変わったのは10月、第3回討論会でCNBCのリック・サンテリが、テッド・クルーズ上院議員に連邦準備制度理事会(FRB)について質問したときだ。

クルーズは2008年のリーマンショック後にロン・ポールが起草したFRB監査法案を支持しており、中央銀行の量的緩和による利率操作の弊害を訴えた。通貨の恣意的な操作はウォールストリートを潤す一方、ドルの価値を下げて99%の一般人の生活をおびやかす。中央銀行の役割は経済を活性化することではなく、通貨の健全性と安定の維持であり、理想的には金本位制が望ましい、と言いきったのだ。

次ページランド・ポールはどう応じたか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。