もうすぐ1ドル110円時代がやってくる?

ドル円は08年のリーマンショック前水準へ戻るのか

日銀が異次元の緩和を打ち出している以上、円安は進むとの見方も(撮影:尾形 文繁)

ついに、再び1ドル100円時代がやってきた。

9日午後のニューヨーク外国為替市場では、円が急落。1ドル99円前後で推移していたドル円は、4年1か月ぶりに、ついに1ドル100円を突破。ドルは一気に100円79銭まで買い進まれた。10日の東京市場ではこの水準を上回った。

やはりというべきか、1ドル100円突破のきっかけとなったのは、米国の雇用関連指標だった。9日に発表された新規失業保険申請件数(通常毎週木曜日発表)が32万3000件となり、市場の予想を大きく下回った。

リーマンショックが起きたのは2008年の9月だが、この新規失業保険申請件数は同年初以来の低水準。4週間の移動平均(特殊要因などの影響を排除するため)で見ると、33万6000件台と、07年7月以来の低水準となった。すでに今月の3日発表になった4月雇用統計でも米国の労働市場の堅調さは確認済み。「100円の壁」に阻まれ、厚いようにも見えたドル円相場は、意外に大台をあっさり突破してきた。

次ページ1ドル100円突破は、時間の問題だった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。