復刻に味出し加工…気になる「デニム」12選

人気ブランドの新作より厳選!

おすすめのデニムを紹介します!(写真 :Bunwit / PIXTA)
男の定番アイテムであるデニムに、今期も人気ブランドから渾身作が出揃った。新たな素材、遊び心のあるディテールなど、進化するデニムの最前線にフォーカス。『MonoMax』編集部が話題のブランドより厳選した、オススメの1本を紹介する。

 創業当時のモデルを再現

リーバイス® ビンテージクロージングの501® 1976(¥30000)
リーバイス® ビンテージクロージングの501® 1976

501®の代表的なヴィンテージモデルを忠実に再現し、素材やシルエット、加工技術を徹底的に追求するエクスクルーシブライン「リーバイス®  ビンテージ クロージング」。

この「501® 1976」は、ビームス創業40周年を記念し、創業当時の1976年にリリースされたリジッドモデルを再現した注目作だ。

コーン・デニム社によるセルビッジ生地、細部の縫製仕様から付属のフラッシャー&ギャランティーチケットまで、1976年製のヴィンテージピースが見事に蘇った。もちろん当時と変わらぬアメリカ製だ。

1976年製の501®を手に入れようとすると10万円以上するお宝アイテムが、当時の雰囲気をそのまま再現したモデルが自分のサイズで買えるという点はデニム好きにとって垂涎モノだ。

次ページポール・スミスらしい遊び心
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。