ドリップが命!最高のコーヒーをいれるコツ

器具にもこだわりたい

自宅で美味しいコーヒーを入れるコツとは?(撮影:大澤 誠)
コーヒーブームの影響もあって、街にはコーヒースタンドや専門店が急増し、特別な豆や道具も気軽に買えるように。自宅で美味しいコーヒーを入れる技術を身につけるいいタイミングかもしれません。この記事では、旬のコーヒーを自宅で楽しむためのコツをご紹介します。

 

エスプレッソ系ショップの定着、日本からのバリスタチャンピオン輩出、コンビニコーヒーの進化など、コーヒー業界がめまぐるしく変化している。昨年来、サードウェーブと呼ばれるコーヒーブームも起きている。

話題のサードウェーブの定義は大きく3つ。1)生産国、生産地域、生産処理方法が明確で、2)ブレンドされていない豆(シングルオリジン)を使い、その個性を味わうべくローストは浅煎り。そして何より大切なのは、3)1杯ずつドリッパーでコーヒーを抽出するスタイルを基本とすることだ。

いずれにしても、鮮度の高い上質なコーヒー豆。そして、味わいを左右するドリッパーをどう選ぶかが重要になる。

正しいドリップ方法はこれだ!

ドリップといってもただ注ぐだけではNG。「旬の味を求めるなら蒸らし時間を含めて3分以内が基本です」と言うのは、飲料専門家の江沢貴弘さん。以下、江沢さんに正しいドリップのやり方を教えてもらった。

用意しておきたいもの
ドリッパー、サーバー、コーヒー豆、コーヒーミル、ドリップペーパー、スケール

 

ビギナーなら2杯分!

サードウェーブなら1杯当たり12~16g。ただ、2杯分入れたほうが味は安定する。

次ページまずは基本をおさらいしましょう
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。