富士重工、レガシィ93万台を世界でリコール

ワイパーの不具合で出火も

 9月23日、富士重工業は、フロントワイパーに不具合があるとして「レガシィ」計約93万台を世界でリコールすると発表した。写真のロゴは米国ニューヨーク州マンハッタンで3月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[東京 23日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は23日、フロントワイパーに不具合があるとして「レガシィ」計約93万台を世界でリコール(回収・無償修理)すると発表した。日本ではワイパーの付け根から出火する事故が5件起きているが、けが人は出ていない。海外でも不具合が発生しているという。

海外は約75カ国に及び、米国が約59万台と最も多い。日本では10万7388台(2009年4月―13年7月製造)が対象。

ワイパーモーターのボトムカバー(電気回路内蔵)の製造が不適切なためで、対象車両すべて対策品に交換する。

 

 

(白木真紀)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。