34歳独身商社マンがハマった「危険な癒し」

東京カレンダー「新・婚活事情」<1>

一筋縄ではいかない、現代の婚活
東京都内のハイスペックな男女たち。大都会東京で生き抜く彼らの恋愛感、そして結婚観は、一体どのようなものなのだろうか?
人生を左右すると言っても過言ではない、結婚という制度。特に都会では、そんな結婚に対するハードルが年々高くなっている。一筋縄ではいかない、現代の婚活。他人から見れば羨ましい限りの人生を送る都会人の、結婚に対する価値観、その裏に潜む闇、リアルな実情を覗きたくはないだろうか?
東京砂漠の婚活市場最前線に迫った東京カレンダーの人気連載をご紹介する。

34歳の商社マン、華々しさとは程遠い虚しさとは?

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

はじめまして、僕、太一と言います。今年34歳になります。はい、独身です。結婚の予定もありません。生まれは東京文京区、高校から私立で、エスカレーターで某私大入学、新卒で某商社に入社しました。

まず一言言いたいんですけど、商社マンって、エリートだって崇められることもあれば、実は大して稼いでもないのに調子に乗るなとか、何かとネタにされやすい職種なんですよ。だから、あまり大袈裟に書いたりしないでくださいね。

商社マン商社マンって、世間では色々言われますけど、実際僕の生活は本当に寂しくて、地味なものですよ。

仕事は普通にかなり忙しいです。平日は朝から晩まで働いて、送別会やら歓迎会やらもしょっちゅうあり、グッタリしています。お食事会やデート? そんなの、しばらくしていません。彼女なんて、もう6年もいませんよ。

次ページそもそも周りはほとんど結婚していて
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。