55歳元金融屋が貧困生活に転落した深刻理由

貯金ゼロ、年収は800万円から280万円に

警備とコンビニのバイトを掛け持ちするリョウタさん(55歳、仮名)
現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。

 

この連載の一覧はこちら

午後10時すぎ、東京23区内のコンビニエンスストア。アルバイトを終えたリョウタさん(55歳、仮名)が大きな黒いビニール袋を提げて出てきた。ずっしりと重い袋の中には、消費期限が迫った弁当やおにぎり、巻きずし、サンドイッチ、シュークリームなど――。

「店長がいい人で。本当はダメなんですけど、毎回持ち帰らせてくれるんです。賄い飯みたいなもの。これのおかげでなんとか食いつないでいます」

そう言って笑うリョウタさんの顔色は悪く、目の周りが黒ずんでいる。夜間警備の仕事が明けた後、そのままコンビニ勤務に入ったことによる寝不足のせいなのか。それとも、ダブルワークを始めてから急激に悪化したという糖尿病のせいなのか。不規則なシフトのため、日中まるまる休めるのは月に1回ほど、1日の睡眠時間は3~4時間のこともあるという。

ノルマ、ノルマ、ノルマ

転職回数が片手では足りないというリョウタさんに、これまでに就いた仕事について尋ねると、こう切り出した。

「ノルマ、ノルマ、ノルマ――」

どこの職場でも無理なノルマをこなそうとして体調を壊したり、解雇されたりの繰り返し。50歳を過ぎて行き着いたのが、夜間警備とコンビニのアルバイトの掛け持ちだという。

次ページ壮絶なノルマの内容とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。