死んだ時、SNSやPCのデータはどうなるのか

Facebookは追悼アカウントに切り替え可能

今から備えることが大事です

死んでしまった時、SNSやPCのデータはどうなる?

もしも……アナタが……死んだなら……突然ギョッとするような話でごめんなさい。でもこれは、誰にでも必ず訪れる運命、備えておくべき重要なテーマです。

実は今年の初めに、私の知人が突然、もう本当に突然、亡くなってしまったんですね。あまりに急で、葬儀の翌週にも、フリーでやられていた仕事がたくさん入っていました。

そして仕事の詳細や連絡先、スケジュールなんかを、ご自身が「iPhone」だけで、たったひとりで管理されていたものですから、だれもその仕事のことや連絡先がわからない、どうしよう……と困っていたその時! ご遺族の方が、ダメもとで亡くなったご本人の手を取り、その指をiPhoneに押し当てたんです。すると、なんと指紋認証でロックが解除され、関係者に必要な連絡をすることができたのでした……。

そもそも、このシステムって、本来は生きている指にしか反応しないハズなんですが、なにしろまだ新しい技術なので、今回のような事例が起きたのかもしれません。仕事上の連絡先やスケジュールについて、イザという時にどうすればいいのか、大事な情報はココに入っているよ、なんていう会話を、家族としておくのも大事ですね。

では、もし自分が死んでしまった時、SNSやパソコンのデータはどうすればいいでしょうか?

次ページフェイスブックの場合は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。