出張がグンと快適になる最強スマホ活用術

年200回の出張をサクサクこなす裏技を伝授

インターネットを活用すれば年間200回以上の出張が可能!?その賢い使い方とは?

「旅+ネット」のテクニックを伝授

県議が政務活動費の不正で号泣会見……当時かなり話題になりましたが、これを報じるワイドショーを見ながら、私、えらく腹が立ったことがありまして。実は番組内で、あるコメンテーターの方がこう断言されてたんですよ。「普通の人はね、年間200回近くも出張できないんですよ! オカシイんです」。

おうおうおう、アンタ今、私がマトモじゃないと言ったね!? インターネットを活用しまくれば、そんなの余裕だぜ? 今回は、年間200回以上の出張でもピンピンしているこの私が、鼻息荒く語ります。

実は出張に限らず「旅」と「ネット」ってもの凄く相性がいいんです。今回は、帰省やプライベートの移動でも役に立つ「旅+ネット」のテクニックをお伝えします。

さっそくですが、みなさん鉄道の切符ってどこで買ってます? まさか駅の窓口で長蛇の列に並んで……買ってませんよね??

JRはすべてのエリアでネット購入が可能です。座席指定や乗り継ぎ購入もOK。ネットで予約して駅の券売機で受け取るだけ。特に一部の列車では、「35%OFFの指定席」とか「指定席よりも安いグリーン席」とか、もうネットで買わない理由がないくらい圧倒的におトクなんです。

次ページJR各社のお得なサービス
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。