13期増収!「広島市信用組合」のスゴい経営

カープお膝元の信組は何が特別なのか?

「Mazda Zoom-Zoomスタジアム」のスコアボードには「シシンヨー」の広告が出ている(筆者撮影)

広島東洋カープの25年ぶりのリーグ優勝に沸く広島市。その広島市に金融機関のお手本のような信用組合・広島市信用組合(通称シシンヨー)がある。

カープの本拠地「Mazda Zoom-Zoomスタジアム」オープン翌年の2010年シーズンから、同球場のスコアボードに広告を出している。オープン当初はコカ・コーラが広告を出していたスペースで、地元の有力地銀・広島銀行のスペースのざっと3倍以上だ。翌2011年シーズンからは、4~5月の時期にゲームスポンサーにもなっている。

業務純益は信金と比較してもベストテンに入る水準

シシンヨーの2016年3月期経常収益は154億9500万円。目下13期連続増収が続いている。78億円の業務純益は信用組合としてはベスト3級、信用金庫と比較してもベストテンに入る水準で、地銀なら中堅クラスとほぼ同等だ。

一方預金量は2016年3月末時点で5484億円と、信用組合の中ではベスト5の常連だが、信用金庫と比較すると中の上、もしくは上の下程度の水準でしかない。

信金中堅なみの預金量で、地銀中堅なみの利益を稼ぎ出している要因は、どこにあるのだろうか。

次ページ地銀中堅なみの利益を稼ぎ出している要因は?
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
芸人・アナウンサーに学ぶ<br>最強のコミュ力

お笑い芸人にして芥川賞作家・又吉直樹の「伝わる」文章の極意。ベストセラー「話し方の教科書」をもつアナウンサー・魚住りえの「聞き方」講座。コミュニケーション技術を達人に学ぼう。