iPhone7最大の隠し玉「おサイフ機能」の衝撃

それは、まったく新しいSuica体験だった

9月8日(米国時間の7日)、アップルはiPhoneの新シリーズをお披露目。日本市場向けの特別な発表も行った(筆者撮影)

アップルが繰り出す新型のiPhoneシリーズには、日本向けの特別なモデルが用意されている。日本モデルでは、日本で普及している非接触技術ICカード技術「FeliCa」をサポート。ついに同社の電子決済サービス「Apple Pay」を日本市場に導入するのだ。そのキラーサービスに位置づけられるのが、JR東日本によるプリペイド型電子マネー「Suica」だ。

Androidスマートフォンではすでに多くのモデルがSuicaに対応しており、それがAndroid機の魅力のひとつに数えられていた。つまり、今回の新型iPhoneにより、アップルは日本市場での大きな欠点を克服することにもなる。JR東日本の小縣方樹副会長への取材も交え、Suica対応の全貌についてみていこう。

iPhone × Suicaで見えてきたこと

発表会で登場した日の丸をかたどったアイコン(筆者撮影)

アップルは新製品発表のステージで、iPhone 7の最新機能の1つとして、Apple Payの日本市場導入を強調した。日の丸をかたどったアイコンとFeliCaのロゴ、そしてiPhone 7とApple Watch Series 2のWalletにApple Payとして登録されたSuicaを表示して紹介した。

Apple Pay日本導入にあたり、いくつかわかったことがある。まず、FeliCaをサポートするのは、日本で発売されるiPhone 7、iPhone 7 Plus、そしてApple Watch Series 2に限られる。つまり、それ以外の国で購入したiPhoneやApple Watchは、海外でApple Payが利用できても、日本で使えない、ということになる。

次ページ登録のやり方は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。