崎陽軒「シウマイ弁当」の秘密を知ってますか

味は同じでも東京と横浜で包み方が違うワケ

向かって左のシウマイ弁当は新宿の店舗、右は横浜の店舗で購入

崎陽軒、といえば誰もが知っているあの「シウマイ」を製造販売している企業だ。有名な「シウマイ弁当」は駅弁として人気が高く、鉄道とも何かと縁が深い。

そのシウマイ弁当、実はパッケージが2種類あるのをご存知だろうか。写真を見ていただければわかるように、横浜で買ったものは、掛け紙にひもかけしてある昔ながらのスタイルだが、東京都内で買ったものは掛け紙と同じ絵が印刷された、かぶせフタが使用されており、ひもはかけられていない。

なぜこのような違いがあるのか?謎を解明するついでに、以前から行きたいと思っていた崎陽軒の横浜工場見学に行ってみた。

横須賀線風のショップがお出迎え

この連載の記事一覧はこちら

工場見学は無料で実施しており、大変な人気だというのは知ってはいたが、なかなか予約が取れない。毎月1日朝8時から、3カ月先の工場見学受付をするようだが、HPの予約状況を見ても全て「×」が付いている。

しかし実は希望日を伝えると、キャンセル待ちができるのだ。私もそれで見学することができた。タイミングが合えばラッキーである。

画像を拡大
崎陽軒横浜工場入り口にあるプチミュージアムショップは横須賀線風だ

建物に入るとまず目に飛び込んでくるのが、かつての横須賀線113系を模したプチミュージアムショップだ。と思うのだが、崎陽軒のHPを見ると、「デザインは、崎陽軒とつながりの深い電車をモチーフとし…」とあり、はっきりとは書かれていない。

次ページ懐かしの「立ち売り駅弁」も
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。