五輪サッカー、ブラジルが悲願の金メダル

ネイマールが最後のPKに成功

 8月20日、リオデジャネイロ五輪、サッカー男子決勝、地元ブラジルとドイツは延長戦を戦って1─1で決着がつかず、ブラジルがPK戦を5─4で制して初の金メダルを獲得した。ネイマール(中央)が最後のPKに成功(2016年 ロイター/Murad Sezer)

[20日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は20日、マラカナン競技場でサッカー男子決勝を行い、地元ブラジルとドイツは延長戦を戦って1─1で決着がつかず、ブラジルがPK戦を5─4で制して初の金メダルを獲得した。

ブラジルはオーバーエージ(OA)枠で出場した主将ネイマールが前半26分にFKを直接決めて先制。しかしドイツが後半14分にマイヤーのゴールで同点とした。

PK戦ではドイツで5番目に蹴ったペーターセンがブラジルのGKウェベルトンに止められて失敗。最後を任されたネイマールが成功させた。

3位決定戦ではナイジェリアがホンジュラスを3─2で下し、銅メダルを獲得した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。