五輪サッカー女子、ドイツが初の金メダル

スウェーデンを2─1で下す

 8月19日、リオデジャネイロ五輪のサッカー女子決勝でドイツがスウェーデンを2─1で下し、初の金メダルを獲得した。写真は優勝を喜ぶドイツチーム(2016年 ロイター/Matthew Childs)

[リオデジャネイロ 19日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は19日、サッカー女子の決勝を行い、世界ランク2位のドイツがスウェーデンを2─1で下し、初の金メダルを獲得した。

前半は互角の内容だったが、ドイツは後半3分に先制。同17分に2点目を決め、スウェーデンの反撃を1点に抑えた。

ドイツは前回の五輪は出場しなかったが、2000年シドニー五輪からの3大会連続で銅メダルを獲得していた。女子でワールドカップと五輪の両方を制したのは米国とノルウェーに次いでドイツが3チーム目。

3位決定戦ではカナダがブラジルを2─1で下し、銅メダルを得た。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。