最新!ビジネス・経済書200冊ランキング

1位は「最強の働き方」

猛暑の中で売れているビジネス・経済書は?(写真:travnikovstudio / PIXTA)

いま一番売れているビジネス・経済書は何か。8月7日~13日にアマゾンでたくさん売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

首位は『最強の働き方』。『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて21万部突破の大ベストセラーになっているムーギー・キム氏の最新刊だ。

なお東洋経済オンラインでは、この『最強の働き方』と連動した連載を開始しているが、こちらも大ヒットしている(「メモ」でバレる!凡人と一流の致命的な差メールでバレまくる「デキない人」の3大欠点資料1枚でバレる「二流で終わる人」の3大特徴)。

第2位は『キリンビール高知支店の奇跡』。筆者はキリンビール元副社長で営業本部長を務めた人物。地方のダメ支店の逆転劇から、営業の極意、現状を打破する突破口の見つけ方を学ぶことができる。4月発売以降、ずっと上位をキープしており、ベストセラー街道を邁進している。

次ページ1~50位は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。