リオ五輪、開会式会場近くで異例の抗議デモ

治安部隊が催涙ガスを使用

 8月5日、リオデジャネイロ五輪の開会式を直後に控えたマラカナン競技場の近隣で小規模な抗議デモが行われ、治安部隊が催涙ガスを使用して鎮圧した(2016年 ロイター/Pedro Fonseca)

[5日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪の開会式を直後に控えたマラカナン競技場の近隣で5日、小規模な抗議デモが行われ、治安部隊が催涙ガスを使用して鎮圧した。

ロイターの目撃者によると抗議デモに参加したのは数百人で、政治の腐敗や、ブラジルの景気がここ数十年で最悪の状態に落ち込む中での五輪開催をめぐる浪費について抗議していたという。

*カテゴリーを追加しました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
カジノ解禁法があぶり出す<br>ギャンブル依存症の恐怖

経済の起爆剤として期待がかかるカジノ法。一方で、ギャンブル依存にも注目が集まる。依存症者がつぎ込んだ額は平均1200万円超。意志の問題ではなく病気である。その実態に迫る。