リオ五輪、開会式会場近くで異例の抗議デモ

治安部隊が催涙ガスを使用

 8月5日、リオデジャネイロ五輪の開会式を直後に控えたマラカナン競技場の近隣で小規模な抗議デモが行われ、治安部隊が催涙ガスを使用して鎮圧した(2016年 ロイター/Pedro Fonseca)

[5日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪の開会式を直後に控えたマラカナン競技場の近隣で5日、小規模な抗議デモが行われ、治安部隊が催涙ガスを使用して鎮圧した。

ロイターの目撃者によると抗議デモに参加したのは数百人で、政治の腐敗や、ブラジルの景気がここ数十年で最悪の状態に落ち込む中での五輪開催をめぐる浪費について抗議していたという。

*カテゴリーを追加しました。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。