元スプリンターのすごすぎる「会社員人生」

ケンブリッジ飛鳥を五輪に導いた"仕掛け人"

話題のケンブリッジ飛鳥を支える「仕掛け人」のすごい会社員人生とは?(写真:中西祐介/アフロスポーツ)

身長180㎝、体重76㎏のカラダは体脂肪率4.4%。キレキレのボディをセカンドスキン(第二の皮膚)のようにフィットする自社のウエアで包み込み、誰よりも速く100mを駆け抜ける。キリッとしたフェイスは、モデルのようなビジュアル。リオ五輪を前に、ケンブリッジ飛鳥に熱い視線が注がれている。そして、彼が所属するドームの評判も上昇中だ。

ドームという会社はご存知なくても、スポーツ好きなら、〈アンダーアーマー〉は知っているだろう。米国内の売り上げでアディダスを追い抜き、世界トップに君臨するナイキを脅かす存在になりつつある急成長のスポーツブランドだ。日本でのシェアも拡大しつつあり、国内における同ブランドの販売権を有するのがドームになる。

実は同社は「陸上競技」のギアは扱っていない。にも関わらずなぜ、陸上選手であるケンブリッジというスター選手を抱えているのか。

その“仕掛け人”といえるのが、かつて末續慎吾選手らと400メートルリレーなどで日本代表も務めたスプリンターで、現在はドームに勤務する大前祐介だ。一躍、人気アスリートとなったケンブリッジにとって、“メンター”ともいえる人物でもある。

「選手として昔から知っていましたし、大学3年時にドームアスリートハウス(トップアスリートが集う専門ジム)を紹介していただいたのも大前さんでした。ずっとお世話になっているだけでなく、一緒にいて楽しい。なんかうまく言えないですけど、雰囲気ですかね」(ケンブリッジ)

大前の持つ雰囲気に惹かれるかたちでケンブリッジは日本大を卒業して、今年4月にドームへ入社した。そして、スプリンターとしてのポテンシャルを開花させる。5月の東日本実業団対抗の100mで日本歴代9位の10秒10をマークすると、日本選手権の100mで桐生祥秀(東洋大)、山縣亮太(セイコー)らを撃破。雨中決戦を制して、スポーツ界でホットな存在になった。

次ページ「競技だけに集中してはいけない」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。