オリンピック出場者の意外な「第二の人生」

セカンドキャリアでも輝くために必要なこと

オリンピアンたちが引退後にセカンドキャリアでも輝くには?(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

地球の裏側から届く“ビッグニュース”を日々、待ちわびている方もいるだろう。「オリンピック」という響きに、日本人はすこぶる弱い。普段はほとんど目にすることのない競技も、オリンピックになると“ビッグゲーム”に変身する。

そのことを知っているからこそ、アスリートたちは4年に一度のチャンスに魂を削っているのだ。そして、「メダル」を獲得すれば、その快挙は日本列島を瞬く間に駆け抜ける。今年の夏も数々のヒーロー、ヒロインが誕生している。

しかし、オリンピックでメダルを獲得したからといって、その後の生活が「安泰」といえるほど人生は甘くない。4年前、8年前、12年前のメダリストたちをどれだけ覚えているだろうか(ちなみに日本はロンドン五輪で38個のメダルを手にしている)。当たり前だが、一瞬の輝きだけでは食っていけない。

むしろ、現役時代の活躍がまぶしいほど、その後の「仕事」はやりにくい部分もある。今回はリオ五輪を“裏側”で盛り上げている、ふたりの女性オリンピアンの言葉から、アスリートのセカンドキャリアを考えてみたい。

嫌いだった水泳が好きになった

この連載の一覧はこちら

20年前のアトランタ五輪に、日本人選手団最年少の14歳で出場した青山綾里(現姓・西澤)を覚えているだろうか。1996年4月の日本選手権100mバタフライを58秒83の日本新で優勝。同年のアトランタ五輪を世界ランキングトップで迎えて、金メダルの期待をかけられていた。現在は34歳になり、産経新聞社の運動部記者として活躍している青山が振り返る。

次ページ夢舞台に立つ喜びと緊張で…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。