北朝鮮製タブレットPCの全貌が判明

OSはアンドロイド、でもネットにつながらない!?

 

北朝鮮製タブレット「アリラン」の起動画面。ハングルでアリランと出る

 

北朝鮮製のタブレットPC「アリラン」に触れたことを紹介したが(記事はこちら)、現在北朝鮮で販売されている同タブレットPCのスペックが判明した。北朝鮮と中国を行き来する貿易関係者など、複数の情報源を元に整理してみた。

北朝鮮で販売されているタブレットPCは、「アリラン」、「三池淵」(サムジヨン)と「アチム」(朝鮮語で朝という意味)の3機種。すべて、2012年の秋ごろに発売を開始、平壌市内の施設や販売所などで販売されているようだ。

アンドロイド4.0.3など使用、中国企業がOEM供給か

3機種のうち、一番人気は「三池淵」。朝鮮コンピュータセンターが製造したこのタブレットPCのディスプレイのサイズは7インチで、OSはアンドロイドの4.0.3を使用している。重さは315グラム。CPUの製造元は不明だが、システムメモリは512メガバイト、ユーザーメモリは8ギガバイト。マイクロSDHCカードが利用可能で、インターネットともUSBポートに接続する形で有線での接続も可能だ。

記者が実際に手にした「アリラン」の場合、製造元は平壌技術総会社で、別名「5.11工場」と呼ばれる企業だ。重さは520グラムと三池淵より少し重い。ディスプレイは9.7インチ、OSはアンドロイドの4.0.4を使用している。CPUにはARM Cortex-A8(1.5ギガヘルツ)でシステムメモリは1ギガバイト、ユーザーメモリは16ギガバイトとなっている。「三池淵」と同様、マイクロSDHCカードを装着でき、有線でインターネットに接続可能だ。また、カメラも装着されている。

「アチム」は中国との合弁企業であるアチム・パンダ合作会社が製造。重さは300グラムで三機種のうち最も軽い。ディスプレイは7インチ、OSはアンドロイドの2.3.4。CPUは不明で、システムメモリは512メガバイト、ユーザーメモリは4ギガバイト。これもマイクロSDHCカードが入れられ、USBポートから有線でネットにつなげることはできる。 

次ページタブレットPC、その使用目的は・・・
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。